通販に関する消費者相

2010年度、国民生活センターがまとめた消費生活相談は、「通信販売」に関する相談件数は24万1334件だったとの発表がありました。
この件数は、前年度よりも3.1%減少していたとのことです。この減少は、架空請求が減ったことが関係しているといえます。

しかし、架空請求などの件数が減ったかわりに、ネット販売やテレビ通販などに関する相談が増加している傾向にあるようです。
通信販売の中で、「ネット通販」に関する相談が11万6480件で、そのうちの約85%が、情報サイトやデジタルコンテンツの架空請求だそうです。物販では、婦人服や衣料品などに関する相談が最多の698件。

主な相談内容としては、
・ネット通販でスカートを購入。返品特約を確認して7日以内に返品の申し出をしたのに応じてくれない
・通販で購入したTシャツが切れていて、交換を申し出たのに在庫がないと断られた

・1ヶ月前に注文した商品が届かないなどという相談が多かったようです。

「テレビ通販」に関する相談は2238件で、健康食品の効力や、過剰な宣伝への苦情などが多かったようです。
「ネット競売」に関しては、4315件。届いた商品に不具合があるため、解約したいという相談が多かったようです。

架空請求などの相談件数が減ったことに対し、通販に関する相談事が増加傾向にあるようですね。通販業界がどんどんと拡大する現代。
今後も、通販に関する相談件数は増加していくのではないかと思われます。

還暦祝いのプレゼントでで感謝の気持ちを送ろう
ダーツ用品の通販サイト